supermannerの落書き

基礎からおさらい。おさらいが何よりも大事なのです。ふわっとした知識、撲滅!

AWS??なにそれ!その2

今日理解するべき要点

今日の目標は、セキュリティグループと、IP周りを理解することです。

例のごとく変な絵を交えながら整理していきたいと思います。

セキュリティグループ

いわゆるファイヤーウォールです。

ポート番号やIPアドレスで入れたり入れなかったりします。

有名なポート一覧もググったら一発ですね...

ポート番号 - Wikipedia

これらはEC2インスタンスの生成時に設定するもので、後から変えられません。

小さい時に「知らないおじちゃんをおうちに入れちゃダメ!」っていわれてないと、あとからなかなか対応できない、と覚えましょう。

変えたければSecurity Groupsというタブから脳みその情報をそのまま書き換えてください。

IPアドレスの割り当てあれこれ

前回ちらっと書きましたが、EC2のインスタンスって、再起動するとpublic IP変わっちゃうんですよね。そこで、固定IP割り当てのため「Elastic IP Adress」の出番というわけです。

ただここに大きな罠が2個あって...

  • Elastic IPアドレスだけ取得してEC2紐付けてない
  • 紐付けてるけどEC2は停止している

のとき、カネがかかります

おまけ

今回結構まとめようと思ってたことがあっさりしていたので、私がちょっと戸惑ったものをご紹介...

自分で張り切ってAWSをかりたものの、自分用のアカウントでのログイン場所がわからない...(自分の方はルートしか設定していません)

f:id:mannerbookmarking:20150420164901p:plain

図の、これ、っていうところから無事メールアドレスとパスワードでログインするいつもの場所にたどり着きました。

 

ところが今度は逆に、このIAMコンソールに戻れなくなった....

docs.aws.amazon.com

ちゃんと、documantationに戻り方書いてありました。

もちろん、アカウントIDはちゃんとメモってありましたとさ。

 

基本的なところはわかってきたので、次はなにか動かした忘備録にしたいと思います。